医療脱毛のレーザー脱毛は産毛も脱毛可能か

医療脱毛の一つであるレーザー脱毛の場合、レーザーを照射する事で脱毛効果があります。

レーザーを体毛に照射する事で体毛の中にあるメラニンと呼ばれる色素が光を吸収し、そのエネルギーを利用して熱を発生させます。



さらに、その発生した熱が毛母細胞を破壊する事によって脱毛効果があるという訳です。

このレーザー脱毛は冒頭で述べたように医療脱毛の一種であり、医療脱毛であるが故に医療機関でしか受ける事は出来ず、エステサロンで脱毛するよりも効果が高いと言われています。
そのために、エステサロンではなかなか処理する事が難しい産毛に対しても効果が期待できるのではないかと考える人もいます。
しかし、残念ながらレーザー脱毛でもエステサロンと同様に一般的には産毛の処理は難しいです。
どうして産毛の処理が難しいのかというと、産毛というのは細くて短い毛であり、含まれているメラニン色素の量も少なくなります。

先ほどレーザー脱毛の仕組みを説明しましたが、メラニン色素の量が少ない分だけ細胞を破壊するのに十分な熱量を生成するのが難しくなります。
難しいからといって、レーザーの出力を強くするのは危険性が高くて限界があります。

最近何かと話題の産経ニュースの正しい情報はこちらです。

だからこそ産毛の処理はレーザー脱毛では難しいのです。

ただ、産毛もしっかりと脱毛したいのであれば、同じ医療脱毛である電気針脱毛ならば脱毛の仕組みが全く異なるので、十分な効果が期待できます。
もし産毛の処理をしっかりしたいならば、電気針脱毛も検討してみると良いです。

今、話題の便利な新宿の医療脱毛の新しい情報です。